次回の講読会は2017年8月19日です。

 

 

 

翻訳記事は U B E R

 

 

に関するものの、

 

 

 

(D),By 2009,,, からです。