最新会則等 平成29年9月30日改正

 

 

TIME 21 会則

はじめに

 会員は意欲、個性、自由を大切に、英語すなわち言葉への高い関心を話し方・聞き方の上達に繋げ、相互理解を深め、慣例を尊重し、伝統に新しい風を吹き込み、親しみのあるTIME21を発展させる。そして、英語及び会員に関する変化に対応する。

第1条(名称)

本会の名称を「TIME 21」とする。

第2条(目的)

時事英語雑誌等の記事を翻訳し、そして背景を思いめぐらせながら、筆者の伝えたいことを、納得して受け取るように努め、高度な読解力と国際感を養う。

第3条(活動)

1 本会は中央市民センター、早良市民センター、ももちパレス等にて、国民の祝日、国民の休日、813日から15日及び1228日から13日に重なる場合を除き毎週土曜日の午後6時から8時15分に行う。 8時までは講読し、8時から815分までは連絡及び高度な読解力と国際感を養うための集まりに使う。ただしCHAIRPERSONは講読を810分まで延長できる。集まりへの出席は自由であり、内容は会員の意見を聞き、運営委員が決める。なお、時間が余った場合はその時点で講読会を終了とする。

 2 主要活動内容を英語雑誌「TIME」等を読むが これだけに限定しない。

 3 講読会後の活動は、希望者のみのものとする。

第4条(会員の資格)

第2条の目的を理解し、本会の活動に参加するものとする。なお、新しく会員になる前に2回まで見学できる。

第5条(休会,退会)

休会、退会は事前に運営委員に届ける。休会中の会費は免除される。半年間会費を納めない者は、退会したものと見なされる。尚、退会した者が再入会した際には、入会金は免除される。

6条(役員及び役割)

1 本会の運営は原則として以下の役員で行われるが、必要に応じて兼務を行ってもよい。 また、会員に対し役員会に参考人として出席を要請することができる。

一 運営委員 3名 

本会を代表し,会役務を統括するとともに、NEWCOMERの世話、イベント企画等を行う。 その際、「附則 運営委員の役割の項目」に則りその責務を果たす。

二 会計   1名 会計事務を行う。

三 会場係  1名 会議室の予約を行う。

 2 役員は原則として立候補とする。役員会で調整し総会にて承認を得る。

 3 運営委員、会計の任期は2期1年を原則とする。但し本人の意向により上限を4期2年までとする。また特別に役員会の意向により本人の了承があれば3年 まで延長できる。会場係については特に支障のない限り任期は設けない。

4 ボランティアとして行われているネームカード係り、ホームページ・メーリングリスト担当者、音声担当者は準役員扱いとする。

7条(会計)

1 入会金は1,000円とする。但し、留学生は無料とする。

2 会費は3,000円(3ヶ月分)を一括払いとし、1月、4月、7月、10月に納入する。但し、留学生及び学生等運営委員が認めた者は、半額とする。英語を母国語とする会員は原則として会費を免除する。

3 新会員は入会月より、原則として月割りの会費とする。

4 会費は主として、講読会での必要経費(コピー代、会場費、CHAIRPERSON謝礼金、

電話代、葉書代、交通費)とイベント等の援助金として、 運営委員が認めたものに充当する。

5 原則として,既に支払われた会費の払い戻しは行われない。

6 役員並びに準役員扱いの会費は免除とする。    

7 日頃お世話になっている英語を母国語とするネイテブはイベント参加費は無料とする。

8 会計報告は9月、3月の総会時に、会計監査を設けて行う。

9 会則に定める以外は「附則の会計処理細則」に則り会計事務を行う。

第8条 (CHAIRPERSON

 CHAIRPERSONは、「附則 CHAIRPERSON要領」に則り、講読資料の作成及び講読会の司会を行う。ただし、希望があれば、講読資料を別の会員が作成してもよい。

第9条 (印刷物)

1 原則、情報の提供は紙印刷物で行う。ただし、同時にメールで行うように心がける。

2 メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員は、運営委員に申し出て登録する。

10条(慶弔電報)

 本会よりの慶弔電報について、以下の通りとする。

祝電 会員本人の結婚

弔電 会員本人

11条(休会中の出席)

休会中の会員又は元会員が会に出席した場合は、出席した月の残日数に係らず月

500円の会費を支払うものとする。 そして学生はその半額の250円とする。

12条(総会)  

1 定期総会は毎年3月及び9月に運営委員が招集する。

2 臨時総会は必要に応じて運営委員が招集する。

 

3 総会は会員の委任状と出席者の合計が全会員の過半数に達すれば成立し、その議事決定は、事前に行うアンケート結果を参考にして出席者の過半数の承認を以て行う。

 

 

 

 

 

 附則           CHAIRPERSON要領      

1. はじめに

この要領はこれまで、行われた方法の標準を示す。この標準と大きく違った方法をとろうと考える場合、運営委員に意見を求めるものとする。また、例会の司会について、輪番制による当番の運営委員に補佐を求めることができる。

. 記事の選択

(1)記事の量:制限はないが、平均的には2ヶ月程度で終わっている。また、3ヶ月を過ぎると飽きが出るおそれがある。CHAIRPERSONの謝礼金の最大額は5,000円で、これは、購読会の時間に換算すれば10時間、購読会の延回数で5回となる。

(2)時事英語雑誌の閲覧等ができる場所:ニュース雑誌TIME等については、公共施設の場合、図書館の他、天神の次の2箇所で利用できる。

①こくさいひろば(アクロス福岡3階)

   手続き無しで、閲覧とコピー(有料)はできるが貸出はできない。

②福岡アメリカン・センター

   「アメリカン・センター・レファレンス資料室」で閲覧できる。同資料室の開館時間は、日米の祝祭日をのぞく月~金曜日の午後1時~5時30分。訪問の際には、あらかじめ電話にて予約する必要があり。

    住所:福岡市中央区天神2-2-67 ソラリアパークサイド・ビル8階

電話: 092-761-6661

※インターネットでTIME社が雑誌TIMEの記事を配信しているが、有料である。ただし、特集記事などを無料で配信している場合もある。

3. 購読資料の原稿作成とコピーの配布

(1)原稿をA3に拡大コピー

   雑誌TIMEのサイズは正確に言うと「A4」よりも少し横に長く縦に短いが、コピーの際は「A4」として扱って問題はない。

(2)最初のページに担当者名、記事選択の主旨を簡単に記入         ・

(3)10行毎に行数を打つ

(4)TIME誌の3段組の記事の場合、40行位を一人の翻訳担当者の分量とする。翻訳範囲の始めにはカッコ及びAB、…の記号を付け、各ページの上部または下部に、翻訳担当者の名前を書く欄、A(   )、B(   )…を設ける。

(5)会員数にNEW COMER用5部を加えた部数刷る。

(6)現在進行中の記事が終わると予想する週の前2週日には準備して持参する。

             (前2週)-> (前1週)-> (終了十新記事)

(7)コピー代の請求:会計に名前と用途を記入したレシートを提出。

. 購読会の司会

(1)購読会では4名以上の担当者が翻訳結果を説明できるよう進行管理する。そのため、質疑応答を一人の担当者の翻訳範囲を分割して行う場合は、最大2分割までとする。

(2)翻訳担当者はピリオドからピリオド迄の間の英語を読み上げ、逐次日本語に翻訳する。

(3)質疑応答について、長時間になる場合、打ち切りと後処理方法を指示する。

 

(4)ネイテブの出席者への問合せ、会員のネイテブの知人への問い合わせの依頼をする。

 

 

 附則 運営委員の役割の項目

 

 運営委員の役割の項目を、性質により3種類に分けて示す。各役割の項目の主たる担当運営委員を運営委員の話し合いで決める。なお、総合司会の方法は、原則輪番制とする。

1総括

 次の(1)(7)について役員の意見を取り纏める。また、創意工夫について、先頭に立って試行し、効果の評価及び具体化方法の取り纏めを行う。

(1)購読会を充実させるための方法

(2) CHAIRPESONの依頼

 入会順に並んだ名簿に従い依頼する。ただし、辞退は認める。

(3) 購読資料作成及び購読会の司会の進め方についてCHAIRPERSONから運営委員に意見を求められた時の回答

(4)定期総会・臨時総会の招集

(5)役員会の開催

(6)行事企画

(7)自ら立候補するものがいない場合の会員に対する役員・定期総会議長・臨時総会議長への立候補の依頼の進め方

(8)ネイテブのアドバイザーの活用及び選考についての企画

(9) 台風接近時の例会中止連絡:原則として、遅くとも金曜日の午後8時までに決定し、午後10時までにメーリングリストまたは電話で会員に連絡する。

2 書記

(1) 入会順に並んだ会員名簿の作成

(2)翻訳担当者の割り当て

 入会順に並んだ名簿に従い決める。辞退・変更は認める。 

(3) メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員の登録の受付

(4)定期・臨時総会の案内状・議事録の作成及び委任状の作成・送付・集計

3 総務

(1)NEWCOMERの世話

①会の仕組み・ルール、学習の進め方等についての説明

②新会員への会則、附則及び会員名簿を綴じた100円程度のブックフォルダーの進呈及び新会員を紹介した会員への500円の図書券の贈呈

 (2)会員名簿の管理

(3)見学希望者の世話

(4)行事の準備

(5)慶弔電報の申し込み

 

 

(6)ホームページ・メーリングリスト担当者への連絡

 ①新規入会者のメーリングリストへの登録依頼

 ②退会者・休会者のメーリングリストからの削除依頼(ただし登録の継続を希望する休会者は除く)

(7) 西日本新聞の掲示

月に1回葉書を投函し、掲示を依頼する

①宛先

810-0001福岡県福岡市中央区天神一の四の一

西日本新聞トップクリエ 「掲示板」係

②西日本新聞の掲示板への掲載内容のイメージ

★英文雑誌TIME講読会「TIME 21の会」は毎週土曜日午後6時から、福岡市の中央(または早良)市民センターで例会。講読会終了後、有志によるディスカッション、ディベートを行っています。月会費1000円=多居夢 二十一郎〇〇〇(△△△)××××

 

 

 

 

附則                         

会計処理細則

 

1 CHAIRPERSONの氏名、講読資料の題名、その任を務めた期間を記録し、運営委員に報告し、謝礼金を支払う。謝礼金は、12時間1,000円、1時間の場合は半分の500円で計算。合計の支払額は最高5,000円まで。

2 会費を徴収した時(1月、4月、7月、10月)及び入会金を徴収した時に、タイム21専用口座(福岡銀行 普通口座 タイム21会計 西村康彦 口座番号 6584605)に振り込む。

3 会計が交代する都度、①通帳②印鑑(西村)③暗唱番号カードを新会計に引き継ぐ。

4 あらかじめ、運営委員に申し出れば、休会期間中の会費は免除。例えば、4月だけ出席、5~6 月都合で休会を申し出れば、4月分の1,000円のみ徴収。

5 休会届けが出ていた会員は、出てきた月より月割で徴収。例えば、5月に出てくれば、5、6月分の2カ月分徴収。

6 休会届けが、運営委員に出ていない会員は、途中で出てきても3ヵ月分徴収する。

7 会則 第6条 4のイベント等の援助金の額は、運営委員あるは役員会の要請を受け、会計係は会計状況を勘案し役員会に進言するものとする。

8 会則 第9条による印刷物については領収書に則って支払うことが大原則であるが、会員所有のPCで印刷されたペーパーには、1枚当たり10円を支払うものとする。枚数は本人の申告による。後日の申告を受け付ける。 

9 新会員に入会記念として進呈する100円程度のクリアファイル及び新入会者を紹介した会員に贈る500円の図書券を購入する。

10 上記以外で会計係りが判断するのが困難なことが生じた場合等は、役員会に相談。

 

 

 

以下は旧バージョンです。

 

 

 

  

 

 

 

附則 運営委員の役割の項目

 運営委員の役割の項目を、性質により3種類に分けて示す。各役割の項目の主たる担当運営委員を運営委員の話し合いで決める。なお、総合司会の方法は、原則輪番制とする。

1総括

 次の(1)(7)について役員の意見を取り纏める。また、創意工夫について、先頭に立って試行し、効果の評価及び具体化方法の取り纏めを行う。

(1)購読会を充実させるための方法

(2) CHAIRPESONの依頼

 入会順に並んだ名簿に従い依頼する。ただし、辞退は認める。

(3) 購読資料作成及び購読会の司会の進め方についてCHAIRPERSONから運営委員に意見を求められた時の回答

(4)定期総会・臨時総会の招集

(5)役員会の開催

(6)行事企画

(7)自ら立候補するものがいない場合の会員に対する役員・定期総会議長・臨時総会議長への立候補の依頼の進め方

(8)ネイテブのアドバイザーの活用及び選考についての企画

2 書記

(1) 入会順に並んだ会員名簿の作成

(2)翻訳担当者の割り当て

 入会順に並んだ名簿に従い決める。辞退・変更は認める。 

(3) メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員の登録の受付

(4)定期・臨時総会の案内状・議事録の作成及び委任状の作成・送付・集計

3 総務

(1)NEWCOMERの世話

①会の仕組み・ルール、学習の進め方等についての説明

②新会員への会則、附則及び会員名簿を綴じた100円程度のブックフォルダーの進呈及び新会員を紹介した会員への500円の図書券の贈呈

(2)見学希望者の世話

(3)行事の準備

(4)慶弔電報の申し込み

 

 

TIME 21 会則  平成29年3月18日改正

はじめに

 会員は意欲、個性、自由を大切に、英語すなわち言葉への高い関心を話し方・聞き方の上達に繋げ、相互理解を深め、伝統に新しい風を吹き込み、親しみのあるTIME21を発展させる。そして、英語及び会員に関する変化に対応する。

第1条(名称)

本会の名称を「TIME 21」とする。

第2条(目的)

時事英語雑誌等の記事を翻訳し、そして背景を思いめぐらせながら、筆者の伝えたいことを、納得して受け取るように努め、高度な読解力と国際感を養う。

第3条(活動)

1 本会は中央市民センター、早良市民センター、ももちパレス等にて、毎週土曜日の午後6時から8時15分に行う。 8時までは講読し、8時から8時15分までは連絡及び高度な読解力と国際感を養うための集まりに使う。ただしCHAIRPERSONは講読を8時10分まで延長できる。集まりへの出席は自由であり、内容は会員の意見を聞き、運営委員が決める。なお、時間が余った場合はその時点で講読会を終了とする。

 2 主要活動内容を英語雑誌「TIME」等を読むが これだけに限定しない。

 3 講読会後の活動は、希望者のみのものとする。

第4条(会員の資格)

第2条の目的を理解し、本会の活動に参加するものとする。なお、新しく会員になる前に2回まで見学できる。

第5条(休会,退会)

休会、退会は事前に運営委員に届ける。休会中の会費は免除される。半年間会費を納めない者は、退会したものと見なされる。尚、退会した者が再入会した際には、入会金は免除される。

6条(役員及び役割)

1 本会の運営は原則として以下の役員で行われるが、必要に応じて兼務を行ってもよい。 また、会員に対し役員会に参考人として出席を要請することができる。

一 運営委員 3名 

本会を代表し,会役務を統括するとともに、NEWCOMERの世話、イベント企画等を行う。 その際、「附則 運営委員の役割の項目」に則りその責務を果たす。

二 会計   1名 会計事務を行う。

三 会場係  1名 会議室の予約を行う。

四 広報係  1名 NEWCOMERの募集(レインボープラザ、西日本新聞)

広報係は「附則 広報係事務処理細則」に則り広報事務を行う。

 2 役員は原則として立候補とする。役員会で調整し総会にて承認を得る。

 3 運営委員、会計の任期は2期1年を原則とする。但し本人の意向により上限を4期2年までとする。また特別に役員会の意向により本人の了承があれば3年 まで延長できる。会場係、広報係については特に支障のない限り任期は設けない。

4 ボランティアとして行われているネームカード係り、ホームページ担当者、音声担当者は準役員扱いとする。

第7条(会計)

1 入会金は1,000円とする。但し、留学生は無料とする。

2 会費は3,000円(3ヶ月分)を一括払いとし、1月、4月、7月、10月に納入する。但し、留学生及び学生等運営委員が認めた者は、半額とする。英語を母国語とする会員は原則として会費を免除する。

3 新会員は入会月より、原則として月割りの会費とする。

4 会費は主として、講読会での必要経費(コピー代、会場費、CHAIRPERSON謝礼金、

電話代、葉書代、交通費)とイベント等の援助金として、 運営委員が認めたものに充当する。

5 原則として,既に支払われた会費の払い戻しは行われない。

6 役員並びに準役員扱いの会費は免除とする。    

7 日頃お世話になっている英語を母国語とするネイテブはイベント参加費は無料とする。

8 会計報告は9月、3月の総会時に、会計監査を設けて行う。

9 会則に定める以外は「附則の会計処理細則」に則り会計事務を行う。

第8条 (CHAIRPERSON)

 CHAIRPERSONは、「附則 CHAIRPERSON要領」に則り、講読資料の作成及び講読会の司会を行う。ただし、希望があれば、講読資料を別の会員が作成してもよい。

第9条 (印刷物)

1 原則、情報の提供は紙印刷物で行う。ただし、同時にメールで行うように心がける。

2 メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員は、運営委員に申し出て登録する。

第10条(慶弔電報)

 本会よりの慶弔電報について、以下の通りとする。

祝電 会員本人の結婚

弔電 会員本人

第11条(休会中の出席)

休会中の会員又は元会員が会に出席した場合は、出席した月の残日数に係らず月

500円の会費を支払うものとする。 そして学生はその半額の250円とする。

第12条(総会)  

1 定期総会は毎年3月及び9月に運営委員が招集する。

2 臨時総会は必要に応じて運営委員が招集する。

 

3 総会は会員の委任状と出席者の合計が全会員の過半数に達すれば成立し、その議事決定は、事前に行うアンケート結果を参考にして出席者の過半数の承認を以て行う。

附則                                  

会計処理細則

 

1 CHAIRPERSONの氏名、講読資料の題名、その任を務めた期間を記録し、運営委員に報告し、謝礼金を支払う。謝礼金は、12時間1,000円、1時間の場合は半分の500円で計算。合計の支払額は最高5,000円まで。

2 会費を徴収した時(1月、4月、7月、10月)及び入会金を徴収した時に、タイム21専用口座(福岡銀行 普通口座 タイム21会計 西村康彦 口座番号 6584605)に振り込む。

3 会計が交代する都度、①通帳②印鑑(西村)③暗唱番号カードを新会計に引き継ぐ。

4 あらかじめ、運営委員に申し出れば、休会期間中の会費は免除。例えば、4月だけ出席、5~6 月都合で休会を申し出れば、4月分の1,000円のみ徴収。

5 休会届けが出ていた会員は、出てきた月より月割で徴収。例えば、5月に出てくれば、5、6月分の2カ月分徴収。

6 休会届けが、運営委員に出ていない会員は、途中で出てきても3ヵ月分徴収する。

7 会則 第6条 4のイベント等の援助金の額は、運営委員あるは役員会の要請を受け、会計係は会計状況を勘案し役員会に進言するものとする。

8 会則 第9条による印刷物については領収書に則って支払うことが大原則であるが、会員所有のPCで印刷されたペーパーには、1枚当たり10円を支払うものとする。枚数は本人の申告による。後日の申告を受け付ける。 

9 新会員に入会記念として進呈する100円程度のクリアファイル及び新入会者を紹介した会員に贈る500円の図書券を購入する。

10 上記以外で会計係りが判断するのが困難なことが生じた場合等は、役員会に相談。

11 会員名簿を管理する。

 

 

  

附則           CHAIRPERSON要領      

1. はじめに

この要領はこれまで、行われた方法の標準を示す。この標準と大きく違った方法をとろうと考える場合、運営委員に意見を求めるものとする。また、例会の司会について、輪番制による当番の運営委員に補佐を求めることができる。

. 記事の選択

(1)記事の量:制限はないが、平均的には2ヶ月程度で終わっている。また、3ヶ月を過ぎると飽きが出るおそれがある。CHAIRPERSONの謝礼金の最大額は5,000円で、これは、購読会の時間に換算すれば10時間、購読会の延回数で5回となる。

(2)時事英語雑誌の閲覧等ができる場所:ニュース雑誌TIME等については、公共施設の場合、図書館の他、天神の次の3箇所で利用できる。

①レインボープラザ(イムズ8階)

福岡県内居住者がレインボークラブ会員になれば、最新号を除き借りることができる。貸出は122週間である。レインボークラブ会員の登録は無料で、写真のある公的な身分証明書(運転免許証、パスポート、外国人登録証または在留カード、学生証等)があればカウンターで登録できる。

②こくさいひろば(アクロス福岡3階)

   手続き無しで、閲覧とコピー(有料)はできるが貸出はできない。

③福岡アメリカン・センター

   「アメリカン・センター・レファレンス資料室」で閲覧できる。同資料室の開館時間は、日米の祝祭日をのぞく月~金曜日の午後1時~5時30分。訪問の際には、あらかじめ電話にて予約する必要があり。

    住所:福岡市中央区天神2-2-67 ソラリアパークサイド・ビル8階

電話: 092-761-6661

※インターネットでTIME社が雑誌TIMEの記事を配信しているが、有料である。ただし、特集記事などを無料で配信している場合もある。

3. 購読資料の原稿作成とコピーの配布

(1)原稿をA3に拡大コピー

   雑誌TIMEのサイズは正確に言うと「A4」よりも少し横に長く縦に短いが、コピーの際は「A4」として扱って問題はない。

(2)最初のページに担当者名、記事選択の主旨を簡単に記入         ・

(3)10行毎に行数を打つ

(4)TIME誌の3段組の記事の場合、40行位を一人の翻訳担当者の分量とする。翻訳範囲の始めにはカッコ及びAB、…の記号を付け、各ページの上部または下部に、翻訳担当者の名前を書く欄、A(   )、B(   )…を設ける。

(5)会員数にNEW COMER用5部を加えた部数刷る。

(6)現在進行中の記事が終わると予想する週の前2週日には準備して持参する。

             (前2週)-> (前1週)-> (終了十新記事)

(7)コピー代の請求:会計に名前と用途を記入したレシートを提出。

. 購読会の司会

(1)購読会では4名以上の担当者が翻訳結果を説明できるよう進行管理する。そのため、質疑応答を一人の担当者の翻訳範囲を分割して行う場合は、最大2分割までとする。

(2)翻訳担当者はピリオドからピリオド迄の間の英語を読み上げ、逐次日本語に翻訳する。

(3)質疑応答について、長時間になる場合、打ち切りと後処理方法を指示する。

 

(4)ネイテブの出席者への問合せ、会員のネイテブの知人への問い合わせの依頼をする。

 

 

 

 

 

 

附則 広報係事務処理細則

 

1.西日本新聞の掲示

月に1回葉書を投函し、掲示を依頼する

(1)宛先

810-0001福岡県福岡市中央区天神一の四の一

西日本新聞トップクリエ 「掲示板」係

(2)西日本新聞の掲示板への掲載内容のイメージ

★英文雑誌TIME講読会「TIME 21の会」は毎週土曜日午後6時から、福岡市の中央(または早良)市民センターで例会。講読会終了後、有志によるディスカッション、ディベートを行っています。月会費1000円=佐藤092(714)5521

(3)掲載日

 掲載日は指定できない。投函してから1週間程度後1日掲載。申し込み数により変動。

 

2.天神イムズ8階レインボープラザの掲示板への掲載

 レインボークラブ会員になり、カウンターで掲示を申し込む。掲載期間は初回2週間で、2回延長ができる。1回の延長期間も2週間である。掲示物の実例を示す。

員募集

 1. サークル名:タイム21

2. 活動内容:Time等の英文雑

誌購読

 3. 場所:福岡市立中央市民センター

  住所:中央区赤坂2丁目58

地下鉄 赤坂駅2番出口より徒歩5分

4. 日時:休日を除く土曜日

18時~2015

 ※20時~21時(不定期)

志によるdebate

 5. 費用:①入会金:1,000

会費:1,000/月、ただし学生半額

     ネイテブ無料

6. その他

H.P.TIME 21で検索         

レベルは中上級で会員数約30

2回まで参加無料

 

3.見学・入会希望者への応対

 

見学・入会希望者からの連絡時には講読会への参加案内を行う。また運営委員に名前や参加予定日を連絡する。

 

 

 

 

 

 

 

旧バージョン会則

 

 TIME 21 会則  平成28年9月24日改正

はじめに

 会員は意欲、個性、自由を大切に、英語すなわち言葉への高い関心を話し方・聞き方の上達に繋げ、相互理解を深め、伝統に新しい風を吹き込み、親しみのあるTIME21を発展させる。そして、英語及び会員に関する変化に対応する。

第1条(名称)

本会の名称を「TIME 21」とする。

第2条(目的)

時事英語雑誌等の記事を翻訳し、そして背景を思いめぐらせながら、筆者の伝えたいことを、納得して受け取るように努め、高度な読解力と国際感を養う。

第3条(活動)

1 本会は中央市民センター、早良市民センター、ももちパレス等にて、毎週土曜日の午後6時から8時15分に行う。

 2 主要活動内容を英語雑誌「TIME」等を読むが これだけに限定しない。

 3 講読会後の活動は、希望者のみのものとする。

第4条(会員の資格)

第2条の目的を理解し、本会の活動に参加するものとする。なお、新しく会員になる前に2回まで見学できる。

第5条(休会,退会)

休会、退会は事前に運営委員に届ける。休会中の会費は免除される。半年間会費を納めない者は、退会したものと見なされる。尚、退会した者が再入会した際には、入会金は免除される。

6条(役員及び役割)

1 本会の運営は原則として以下の役員で行われるが、必要に応じて兼務を行ってもよい。 また、会員に対し役員会に参考人として出席を要請することができる。

一 運営委員 3名 

本会を代表し,会役務を統括するとともに、NEWCOMERの世話、イベント企画等を行う。 その際、「附則 運営委員の役割の項目」に則りその責務を果たす。

二 会計   1名 会計事務を行う。

三 会場係  1名 会議室の予約を行う。

四 広報係  1名 NEWCOMERの募集(レインボープラザ、西日本新聞)

広報係は「附則 広報係事務処理細則」に則り広報事務を行う。

 2 役員は原則として立候補とする。役員会で調整し総会にて承認を得る。

 3 運営委員、会計の任期は2期1年を原則とする。但し本人の意向により上限を4期2年までとする。また特別に役員会の意向により本人の了承があれば3年 まで延長できる。会場係、広報係については特に支障のない限り任期は設けない。

4 ボランティアとして行われているネームカード係り、ホームページ担当者、音声担当者は準役員扱いとする。

7条(会計)

1 入会金は1,000円とする。但し、留学生は無料とする。

2 会費は3,000円(3ヶ月分)を一括払いとし、1月、4月、7月、10月に納入する。但し、留学生及び学生等運営委員が認めた者は、半額とする。英語を母国語とする会員は原則として会費を免除する。

3 新会員は入会月より、原則として月割りの会費とする。

4 会費は主として、講読会での必要経費(コピー代、会場費、CHAIRPERSON謝礼金、

電話代、葉書代、交通費)とイベント等の援助金として、 運営委員が認めたものに充当する。

5 原則として,既に支払われた会費の払い戻しは行われない。

6 役員並びに準役員扱いの会費は免除とする。    

7 日頃お世話になっている英語を母国語とするネイテブはイベント参加費は無料とする。

8 会計報告は9月、3月の総会時に、会計監査を設けて行う。

9 会則に定める以外は「附則の会計処理細則」に則り会計事務を行う。

第8条 (CHAIRPERSON

 CHAIRPERSONは、「附則 CHAIRPERSON要領」に則り、講読資料の作成及び講読会の司会を行う。ただし、希望があれば、講読資料を別の会員が作成してもよい。

第9条 (印刷物)

1 原則、情報の提供は紙印刷物で行う。ただし、同時にメールで行うように心がける。

2 メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員は、運営委員に申し出て登録する。

10条(慶弔電報)

 本会よりの慶弔電報について、以下の通りとする。

祝電 会員本人の結婚

弔電 会員本人

11条(休会中の出席)

休会中の会員又は元会員が会に出席した場合は、出席した月の残日数に係らず月

500円の会費を支払うものとする。 そして学生はその半額の250円とする。

12条(総会)  

1 定期総会は毎年3月及び9月に運営委員が招集する。

2 臨時総会は必要に応じて運営委員が招集する。

 

3 総会は会員の委任状と出席者の合計が全会員の過半数に達すれば成立し、その議事決定は、事前に行うアンケート結果を参考にして出席者の過半数の承認を以て行う。

 

 

 

 

 

 

 

以下は平成28年度前期までの会則です。

 

 

 

                                                                     TIME 21 会則

 

はじめに

 

 会員は意欲、個性、自由を大切に、英語すなわち言葉への高い関心を話し方・聞き方の上達に繋げ、相互理解を深め、伝統に新しい風を吹き込み、親しみのあるTIME21を発展させる。

 

第1条(名称)

 

本会の名称を「TIME 21」とする。

 

第2条(目的)

 

時事英語雑誌等の記事を翻訳し、そして背景を思いめぐらせながら、筆者の伝えたいことを、納得して受け取るように努め、高度な読解力と国際感を養う。又会食、イベントを通じて会員の親睦を図る。

 

第3条(活動)

 

1 本会は中央市民センター、早良市民センター、ももちパレス等にて、毎週土曜日の午後6時から8時15分に行う。

 

 2 主要活動内容を英語雑誌「TIME」等を読むが これだけに限定しない。

 

 3 講読会後の活動は、希望者のみのものとする。

 

第4条(会員の資格)

 

第2条の目的を理解し、本会の活動に参加するものとする。なお、新しく会員になる前に2回まで見学できる。

 

第5条(休会,退会)

 

休会、退会は事前に運営委員に届ける。休会中の会費は免除される。また、半年間会費を納めない者は、退会したものと見なされる。尚、退会した者が再入会した際には、入会金は免除される。

 

6条(役員及び役割)

 

1 本会の運営は原則として以下の役員で行われるが、必要に応じて兼務を行ってもよい。 また、会員に対し役員会に参考人として出席を要請することができる。

 

一 運営委員 3名 

 

本会を代表し,会役務を統括するとともに、NEWCOMERの世話、イベント企画等を行う。 その際、「附則 運営委員の役割の項目」に則りその責務を果たす。

 

二 会計   1名 会計事務を行う。

 

三 会場係  1名 会議室の予約を行う。

 

四 広報係  1名 NEWCOMERの募集(レインボープラザ、西日本新聞)

 

広報係は「附則 広報係事務処理細則」に則り広報事務を行う。

 

 2 役員は原則として立候補とする。役員会で調整し総会にて承認を得る。

 

 3 運営委員、会計の任期は2期1年を原則とする。但し本人の意向により上限を4期2年までとする。また特別に役員会の意向により本人の了承があれば3年 まで延長できる。会場係、広報係については特に支障のない限り任期は設けない。

 

4 ボランティアとして行われているネームカード係り、ホームページ担当者、音声担当者は準役員扱いとする。

 

7条(会計)

 

1 入会金は1,000円とする。但し、留学生は無料とする。

 

2 会費は3,000円(3ヶ月分)を一括払いとし、1月、4月、7月、10月に納入する。但し、留学生及び学生等運営委員が認めた者は、半額とする。英語を母国語とする会員は原則として会費を免除する。

 

3 新会員は入会月より、原則として月割りの会費とする。

 

4 会費は主として、講読会での必要経費(コピー代、会場費、CHAIRPERSON謝礼金、

 

電話代、葉書代、交通費)とイベント等の援助金として、 運営委員が認めたものに充当する。

 

5 原則として,既に支払われた会費の払い戻しは行われない。

 

6 役員並びに準役員扱いの会費は免除とする。    

 

7 日頃お世話になっている英語を母国語とするネイテブはイベント参加費は無料とする。

 

8 会計報告は9月、3月の総会時に、会計監査を設けて行う。

 

9 会則に定める以外は「附則の会計処理細則」に則り会計事務を行う。

 

第8条 (CHAIRPERSON

 

 CHAIRPERSONは、「附則 CHAIRPERSON要領」に則り、購読資料の作成及び購読会の司会を行う。

 

第9条 (印刷物)

 

1 原則、情報の提供は紙印刷物で行う。ただし、同時にメールで行うように心がける。

 

2 メールで情報提供がある場合、紙印刷物を受け取りたくない会員は、運営委員に申し出て登録する。

 

10条(慶弔電報)

 

 本会よりの慶弔電報について、以下の通りとする。

 

祝電 会員本人の結婚

 

弔電 会員本人

 

11条(休会中の出席)

 

休会中の会員又は元会員が会に出席した場合は、出席した月の残日数に係らず月

 

500円の会費を支払うものとする。 そして学生はその半額の250円とする。

 

12条(総会)  

 

1 定期総会は毎年3月及び9月に運営委員が招集する。

 

2 臨時総会は必要に応じて運営委員が招集する。

 

3 総会は会員の委任状と出席者の合計が全会員の過半数に達すれば成立し、その議事決定は、事前に行うアンケート結果を参考にして出席者の過半数の承認を以て行う。

 

 

 

 

 

以上、2016年3月26日に改正。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は旧バージョンです。

 

 

TIME 21 会則

 

 

 

第1条(名称)

 

本会の名称を「TIME 21」とする。

 

 

 

第2条(目的)

 

  時事英語雑誌等の記事を講読することにより、高度な読解力と国際感覚を養い、又

 

会食、イベントを通じて会員の親睦を図る。

 

 

 

第3条(活動)

 

1 本会は中央市民センター、早良市民センター、ももちパレス等にて、毎週土曜

 

  日の午後6時から8時15分に行う。

 

 2 主要活動内容を英語雑誌「TIME」等を読むが これだけに限定しない。

 

 3 講読会後の活動は、希望者のみのものとする。

 

 

 

第4条(会員の資格)

 

第2条の目的を理解し、本会の活動に参加するものとする。なお、新しく会員にな

 

る前に2回まで見学できる。

 

 

 

第5条(休会,退会)

 

  休会、退会は事前に運営委員に届ける。休会中の会費は免除される。また、半年間

 

会費を納めない者は、退会したものと見なされる。尚、退会した者が再入会した際に

 

は、入会金は免除される。

 

 

 

第6条(会計)

 

1 入会金は1,000円とする。但し、留学生は無料とする。

 

2 会費は3,000円(3ヶ月分)を一括払いとし、1月、4月、7月、10月に

 

納入する。但し、留学生及び学生等運営委員が認めた者は、半額とする。英語を

 

母国語とする会員は原則として会費を免除する。

 

3 新会員は入会月より、原則として月割りの会費とする。

 

4 会費は主として、講読会での必要経費(コピー代、会場費、CHAIRPERSON謝礼金、

 

電話代、交通費)とイベント等の援助金として、

 

運営委員が認めたものに充当する。

 

5 原則として,既に支払われた会費の払い戻しは行われない。

 

6 役員並びにネームカード担当者、ホームページ担当者の会費は免除とする。    

 

7 日頃お世話になっている英米人はイベント参加費は無料とする。

 

8 会計報告は9月、3月の総会時に、会計監査を設けて行う。

 

 

 

第7条(役員及び役割)

 

1 本会の運営は原則として以下の役員で行われるが、必要に応じて兼務を行って

 

   もよい。

 

運営委員 3名 ①本会を代表し,会役務を統括する。

 

NEWCOMERの世話、イベント企画

 

会計   1名 会計事務を行う。

 

会場係  1名 会議室の予約を行う。

 

電話係  1名 電話問い合わせの応対をする。

 

広報係  1名 NEWCOMERの募集(レインボープラザ、西日本新聞)

 

 2 役員は原則として立候補とする。役員会で調整し総会にて承認を得る。

 

 3 運営委員、会計の任期は2期1年を原則とする。但し本人の意向により上限を

 

4期2年までとする。また特別に役員会の意向により本人の了承があれば3年

 

まで延長できる。会場係、電話係、広報係については特に支障のない限り任期

 

は設けない。

 

 4 ボランティアとして行われているネームカード係り、ホームページ担当者は準

 

役員扱いとし、役員の輪番より除く。

 

 

 

第8条(慶弔電報)

 

 本会よりの慶弔電報について、以下の通りとする。

 

祝電 会員本人の結婚

 

弔電 会員本人

 

 

 

第9条(休会中の出席)

 

  休会中の会員又は元会員が会に出席した場合は、出席した月の残日数に係らず月

 

500円の会費を支払うものとする。 そして学生はその半額の250円とする。

 

 

 

第10条(総会)

 

1 定期総会は毎年3月及び9月の最後の週に運営委員が招集する。

 

2 臨時総会は必要に応じて運営委員が招集する。

 

3 総会は会員の委任状と出席者の合計が全会員の過半数に達すれば成立し、その

 

 議事決定は、事前に行うアンケート結果を参考にして出席者の過半数の承認を以

 

て行う。

 

 

 

付則

 

 2010年9月25日改正。11月6日補正。

 

   旧会則第6条3項を削除、及び同第8項(新会則では弟7項)を改訂。

 

   旧会則弟7条1項の募集係を電話係と広報係に分け改訂。

 

   旧会則第7条2項を改訂、3項及び第4項を補足。

 

 2 2012年9月29日一部改訂及び補足。

 

   旧会則第6条2項を補足。

 

旧会則第7条1項を補足。

 

旧会則第7条2項を補足。

 

旧会則第7条4項を補足。

 

旧会則第10条3項を補足。

 

 3 2013年3月23日一部改訂並びに補足。

 

旧会則第6条第2項を補足。(出席回数と会費の関係を明確化)

 

旧会則第6条第3項を削除。(第2項に規定)

 

会則第7条を新規追加。(NATIVE ADVISORについて規定)

 

旧会則第7条、第8条、第9条、第10条の項番を下位に変更。

 

旧会則第9条を補足。(元会員が出席した場合の会費を規定) 

 

 

 

4 2013年9月29日一部改訂並びに補足。

 

第3条2項を修正。

 

第3条3項を追加。

 

第6条7項を追加。旧7項を8項へ移動。

 

5 2014年3月29日一部改訂並びに補足。
  

第7条を廃止。
    第8条以降を繰り上げる。
    第8条弔電に関する部分を改正。
    第9条を改正。

6     2014年9月27日一部改訂

 

第7条2項を改定。

 

7  2015年3月28日一部補足

 

第9条を補足(学生)

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Time 21 Employment Agreement

 

THIS AGREEMENT is made as of [          ] of [          ] in [          ], between Time 21, hereinafter referred to as the Employer, and [          ], hereinafter referred to as the Employee.

 

IN CONSIDERATION of the Employers policies and other good and valuable considerations the two parties agree as follows:

 

1. Employment

The Employee agrees that he/she will at all times faithfully, industriously, and to the best of his/her skill and ability, perform all of the duties required of his/her position. In carrying out these duties and responsibilities, the Employee shall comply with all the Employers intentions and rules, both written and oral, as are announced by the Employer from time to time.

 

2. Job description

As a native advisor, the Employee is required to perform the following duties and undertake the following responsibilities in a professional manner.

(a) The Employee is required to read all the assigned articles in advance to be able to answer not only e-mailed questions but any questions on the spot in the bimonthly Q&A sessions.

(b) When the Employee finds it difficult to answer a specific question, he/she is required to explain the reason why it is difficult.

(c) The Employee is expected to begin business soon after 18:00.

(d) Other duties as may arise from time to time and as may be assigned to the employee.

 

3. Working hours

 The Employee is required to work from 18:00 to 19:00 at the bimonthly Q&A sessions held on the last Saturday in every other month.

 

4. Compensation

(a) As full compensation for all services provided the employee shall be paid at the rate of 6000 yen per attendance by the accountant of the Employer.

(b) The salary mentioned in paragraph 4. (a) shall be paid after the bimonthly Q&A sessions.

 

5. Termination

(a) This agreement shall be valid from [          ] of [          ] in [          ] to [          ] of [          ] in [          ].

(b) The annual renewal agreement with the employee will be determined based on his/her performance reviews which are fully discussed at the general meeting held in September.

(c) The Employee may at any time terminate this agreement and his/her employment by giving not less than three months written notice to the Employer.

 

6. Entire Agreement

This agreement contains the entire agreement between the two parties and is signed by both of the parties hereto.

 

 

SIGNED in the presence of:

 

 

                                  

Signature of the employee

 

                           

Name of the employee

 

 

                                  

Signature of the employer

 

    Time 21(タイム21)         

Name of the employer

 

 

1